猫舌堂の食堂から

第18号(2021/10)

第18号(2021/10)

Liquid error (article-card line 46): invalid format: %Y年%-m月%

    其の一 新PR動画製作中  猫舌堂イイサジーシリーズのストーリーや魅力をより多くの方にお伝えするために、PR動画を製作中です。赤ちゃんからご高齢者まで、どなたでもイイサジーを通して笑顔で美味しく楽しい時間を過ごしていただき、“一人じゃない”“自分は大丈夫”と思えることの大切さをお伝えしたいと考えております。動画の中には、実際のユーザーの方の生の声や、離乳食期の赤ちゃんも登場しますよ!撮影には、ラクスケアホテル さまにご協力をいただきました。  動画は、猫舌堂の YouTube サイト に準備ができ次第アップしていきますので、ぜひともご覧くださいませ!   其の二 猫舌堂に新メンバーが仲間入りしました  10月より、新メンバーとして、西村央絵さんが仲間入りしました。早速、西村さんに自己紹介してもらいます。   はじめまして!10月から猫舌堂の仲間入りをしました、西村央絵と申します。私は2015年に急性骨髄性白血病に罹患しました。長期に渡る入院生活と抗がん剤治療、一段落して退院してからは体力が戻らない中での育児、体の不調や再発の不安が常につきまとい・・・当時はそんな苦しい思いを吐き出せる場がなく、「がん患者という孤独」を感じていました。そんな中、同じ悩みを共有できる仲間に出会えたらとの思いで参加した『キャンサーペアレンツ~こどもをもつがん患者でつながろう』のオフ会で出会ったのが、代表・柴田でした。「いつか、がんを患うママたちが気軽に集まって悩みなどを共有できる場をつくりたい」そんな思いを口にすると、柴田が「これから私がスタートさせる猫舌堂で、そんなこともできるかもよ♪」と、今思えば予言とも思えるような言葉をかけてくれたのでした。あれから2年、改めて猫舌堂の理念に共感し、このタイミングで猫舌堂の一員として関わらせていただけることに深いご縁を感じています。これからどんな方々と出会えるのか、どんな価値を提供できるのか、とてもワクワクしています。病気を理由に不自由な生活を強いられている方、つながりを必要とされている方、それを支えるご家族の方、少しでもそんな方々の支えとなれますように・・・これからどうぞ、よろしくお願いいたします。   其の三 老舗百貨店でお取り扱いぞくぞく!  猫舌堂を応援くださっている方からのご縁がつながり、猫舌堂のコンセプト・ストーリーに共感いただいた老舗百貨店さま2箇所で、この秋、期間限定でお取り扱いをいただいております。まずは岡山県に本店がある老舗百貨店、天満屋さま。2021秋の特販で イイサジー揃(スプーン・フォークセット) が、販売されています。よかったらご覧くださいませ。     【承り期間】11月3日(水・祝)午後5時まで コンビニ決済は10月30日(土)まで/ペイジー決済は10月27日(水)まで【お届け期間】11月30日(火)までおかげさまで、たくさんのご注文をいただいており、追加発注のご連絡もいただいております。1人でも多くの方にくちびるの感動の日々をお過ごしいただけるよう願っております。  さらに、本日10月6日(水)から11月2日(火)まで、高島屋大阪店さまにて開催される『TSUNAGU ACTION』では、   「環境や人に配慮したモノづくり!」として、月見桜色に輝くイイサジースプーンとイイサジーフォークのセット[ iisazy月見桜 ]をはじめ、木製ケース、月見桜カトラリーと布製ケースとお箸のセット なども販売されます。 この地球を、次の世代へ。未来につながる今日の一歩。 『TSUNAGU ACTION』を一緒に応援しませんか?高島屋大阪店 6階和洋食器売場にて、実際の商品を見ていただけますので、お近くにお住まいの方はぜひお立ち寄りください。月見桜を実際に店頭で見られるのは初めてですよ。柴田もどこかで出現するかもしれません・・・?見かけたら声をかけてくださいね! 其の四 おしゃべり庵 第16回 今回もご参加ありがとうございました...

第17号(2021/9)

第17号(2021/9)

Liquid error (article-card line 46): invalid format: %Y年%-m月%

    其の一 長野朝日放送さまにて取材・放送いただきました  2021年8月4日、長野朝日放送「abnステーション」にて、『食べることを楽しむために~がん患者の視点でカトラリー開発~』というテーマで取材・放送いただきました。   放送はこちらからご覧いただけます。 ⇒ abn信州がんプロジェクト~知ろう、考えよう、がんのこと~「食べづらさ」に悩んでいる人がいることを、まずは知ってほしいという思いと、道具次第で克服できるのだというヒントをお届けできるようにと想いを込めて、とてもあたたかい番組にしてくださいました。私たちは、取材にご協力いただいた方が、お食事やデザートを笑顔で楽しまれ、「これを持って外食に行ける」と言っていただいた時のなんとも言えない表情に感動し、とても嬉しかったです。これからも、食べる喜びを感じるきっかけづくりができるよう、みなさまと一緒に歩んでまいりたいと思います。柴田の取材は、コロナの影響でオンラインでのインタビューでした。コロナが落ち着いたら長野県へご挨拶に伺い、綺麗な空気の中、美味しいお蕎麦をいただきたいなあ、と思っております。取材・放送にあたり、ご協力いただきましたみなさま、日々応援・ご支援くださるみなさま、ありがとうございます。   其の二 LAVENDER RING DESIGN AWARDS 2021ファイナリストに選出いただきました  8月21日・22日に開催された「LAVENDER RING DAY 2021 SUMMER」LAVENDER RINGについてはこちら・・・http://lavender-ring.com/コロナ禍のため、オンライン開催であり、「LAVENDER RING チャンネル2021」として、インターネット配信されました。様々なプログラムの中の1つ がんになっても笑顔で暮らせる社会を、よりクリエーティブな観点から作っていくことを目的にした、クリエーターやイノベーターを輩出する賞「LAVENDER RING DESIGN AWARD」にて「猫舌堂iisazy seriese」をファイナリストに選出いただきました。   審査員の料理研究家介護食アドバイザーのクリコさんから、・見た目が美しい・食べることの悩みを熟知しているからこそ生まれた商品・人と人、社会をつなげる・スペース&イートを1日でも早くオープンしてほしいなど、たくさんのお褒めのお言葉をいただき、私たちが伝えたかったこと全てをお話しくださり、商品開発に至る様々なことを思い出し、涙が溢れました。よろしければ、YouTubeで配信されていますので、ご覧いただけると嬉しいです。⇒ LAVENDER RINGチャンネル...

1件のコメント
第16号(2021/8)

第16号(2021/8)

Liquid error (article-card line 46): invalid format: %Y年%-m月%

    其の一 テレビ番組収録ウラ話〜NHKおはよう関西編〜  7月8日(木)、 NHKニュース おはよう関西 に猫舌堂が取り上げられました。関西圏のみなさま、ご覧いただけましたでしょうか。担当ディレクターさんからご連絡をいただいたのは、5月末のこと。大阪日日新聞さまの記事がきっかけでした。猫舌堂のカトラリーにまつわるあんなことやこんなことを下調べしていただいている中で、「おしゃべり庵」の活動にも興味を持っていただきました。 そして、「食べることは生きること、がんサバイバーに食べる喜びを」というテーマで取材が始まりました。実は、担当ディレクターさん(ニックネーム:キムさん)は今年の春にNHKに入社され、5月に大阪支局に配属されたばかりの新人ディレクターさんなのです。今回の企画は、初めての企画、ロケだったそうで、みんなでキムさんのことを応援していました。これはもしや母心か!? そして、企画が採択された時は、猫舌堂一同大喜び!ニュースシブ5時のロケの時、キムさんはベテランディレクターKさんに付き添い、メモ帳を片手にロケのノウハウを真剣に学ばれていました。ロケ当日は、カメラマンさんと照明さんも一緒に来られ、おしゃべり庵の様子を撮影していただきました。   今回の取材には、猫舌堂を応援いただいているまりもさんにもご協力いただきました。改めて、まりもさんの食べることへの想いを映像で拝見し、おしゃべり庵の意義を改めて実感しました。お忙しい中、ご協力いただき、心より感謝いたします。また、おしゃべり庵にご参加いただいたみなさまにも、心から感謝いたします。   番組内では、キムさんが心のこもったナレーションをされていて、なんとも感慨深い気持ちでいっぱいになりました。放送後もご連絡をいただき、これからも食べることの本質的な価値を追求していきたいとおっしゃっていただき、嬉しく頼もしい限りです。何度も何度もやり取りを重ね、真剣に向き合ってくださったキムさんと一緒に、猫舌堂も成長していきたいと思います。   其の二 「つくっていいとも!」出演  7月8日(木)、「つくっていいとも!」というトークイベントに柴田が出演させていただきました。「つくっていいとも!」は、ものづくりを一人ではじめた二人(高田耕平さんと南波知春さん)がゲストを交えながら医療福祉介護系多職種のものづくり業界を活性化させようと緩く試みるFacebookのトークグループです。1000人以上の方がグループに参加されています。高田さんは言語聴覚士さんで、在宅リハビリなどで勤務しながら、食べ物の”かたさ”を簡易にチェックする道具「カメルカ」を開発し、制作販売されています。 南波さんは、理学療法士さんで、病院で勤務しながら南波製作所を立ち上げ、徒手筋力計「​Power gauge」を開発し、制作販売されています。 そんなすごいお二人から5月頃にお声がけいただき、7月8日にオンラインイベントに登壇させていただくことが決まっていました。 それが偶然にもNHKおはよう関西の放送と同じ日になり、“猫舌堂day”として盛り上げていただきました。   ゆる〜いイベントなので、本題から脱線しながらも、イイサジーの開発に至るエピソードをお話しさせていただきました。多くの課題に直面し、解決しようと様々なアイデアをカタチにしたい!と熱い想いを持った方々がたくさんいらっしゃることを知り、とても刺激になりました。これからもつながりを広げていきながら、ピアメイド(同じ境遇の仲間とデザイン)製品やサービスを提供できるよう、頑張りたいと思います。 其の三 オンラインショップの商品発送が変わります  オンラインショップからご注文いただいた、商品の発送作業を準備整い次第(早ければ今月から)、楽天スーパーロジスティクスに委託いたします。猫舌堂の事業を効率よく、円滑に運営するためです。配送作業は、ユーザーのみなさまとつながる大切なお仕事。ですので、簡単に委託先を決めるわけにはいきません。今年に入ってから、調べに調べ、ミーティングを重ねながら、やっとのことで信頼できる事業所さんに委託を開始できる目途が立ちました。委託に伴う主な変更点としては、発送日が早くなること(注文から発送までの通常所要日数が、現在の「7営業日」から「2日」へ短縮)と、配送業者さんがヤマト運輸から日本郵便に変更になることです(送料は変更こざいません)。みなさま、何卒ご理解のほどお願いいたします。なお、カスタマー対応は、変わらず弊社で行っております。ご不明な点等がございましたら何なりとご連絡いただけると幸いです。   其の四 7月もおしゃべり庵を開催いたしました  7月27日(火)、第14回おしゃべり庵を開催いたしました。「今日のお昼は野草を取り入れてみました!」「デザートはアイスクリームをイイサジースプーンで」等、食べ物の話題から、病院での相談・支援環境について、さらには参加してくださったみなさまお住まいはそれぞれのため、「〇〇県だとここのハンバーグが有名ですよね?」とか、「〇〇県のこの電車が好きなんです」など、いろんなお土地柄情報で盛り上がったり、なんだかプチ旅行をしているような、ワクワク感に包まれたひとときとなりました。ご参加いただきましたみなさま、ありがとうございました 8月のおしゃべり庵は、8月24日(火)12:00~13:30 となります。お申し込みは、こちら(猫舌堂オンラインショップ)からご注文いただけます(無料)。      今月も猫舌堂の食堂にお付き合いいただきましてありがとうございました。食堂でのヒソヒソ話への感想やみなさまのヒソヒソ話など、こちら(第16号)のページ下部にある「コメントを残す」から、ぜひみなさまのお声もお待ちしております! これまでの「猫舌堂の食堂から」(バックナンバー)もいつでもお読みいただけます。こちら(第16号)のページ最下部にある『←猫舌堂の食堂からに戻る』をクリックください。

1件のコメント
第15号(2021/7)

第15号(2021/7)

Liquid error (article-card line 46): invalid format: %Y年%-m月%

    其の一 父の日コラボ企画!松山オフィスから心を込めて発送しました  5月に松山オフィスが開設してから初めての企画商品。無事に父の日を迎えられるよう、大阪から柴田が強力助っ人として飛んできてくれました。話したいことは盛りだくさんですが、ここは作業に集中。コロナ対策もしっかりと、マスク・換気・消毒と徹底して黙々作業を進めました。カレーでみんなを喜ばせ続けてきた老舗メーカーMCC(エム・シーシー食品株式会社)さま自慢のレトルトカレー。もちろんカレーは密封状態。けれども…「なんだか汗かいてきた。カレーの香りに体が反応しているに違いない!」と、そんなやり取りもしながら、華麗に(?)カレーの梱包をさばき続けた2日間。「イイサジースプーン・フォークとカレーから、また新しいつながりが生まれますように」とご注文いただいたすべての商品に想いをこめて、発送いたしました。  黙々と熱い想いをこめて梱包作業中(松山オフィスにて)。   其の二 テレビ番組収録ウラ話  6月28日(月)にNHKニュースシブ5時に猫舌堂が取り上げられました。テーマは「同じ食事を一緒に食べたい」みなさま、ご覧いただけましたでしょうか。テレビ取材は、初めてのことで、とても緊張しました。 NHKニュースシブ5時 Twitterより オフィスでの取材では、三宅と柴田が出社をし、高橋と田中はオンライン会議で登場しました。三宅は真っ白のTシャツを着て、爽やかさをアピール。柴田はベージュのTシャツにベージュのマスクで落ち着いた人を演出。田中は伸びた毛やヒゲをピカピカに剃り、高橋はいつもよりも濃いメイクで登場!みんな、かなり気合が入っていました(笑)しかし、番組では、田中は頭しか映っていませんでした(笑) オフィスでの取材の後、柴田はディレクターさんを連れて自宅へ移動しました。自宅での撮影目的は、家族との食事風景です。調理時間を短時間ですませるように、前日よりおかずを数品仕込み、当日は行きつけの鶏肉屋さんで焼き鳥を買って帰りました。 準備が終わり、カメラの前で食事が始まります。とりあえずビールで乾杯。プチダイエットのためしばらくビールをガマンしていたので、久しぶりに飲むビールは格別!思わず「うめー!」と叫んでしまい、それが全国放送で流れるとは・・・その時は思っていませんでした。ディレクターさんが長男に「お母さんがイイサジーを使ってからどう変わりましたか?」と質問すると、「よくご飯を食べるようになって、見た目からして太りました」と答え、一同大苦笑い。これは想定外の答えで驚きましたが、しっかりオチで使われていて、笑いのある”一緒に楽しい食事”風景として、全国にお届けできたのではないでしょうか(苦笑)そして、今回の取材には、猫舌堂を応援いただいているユミコさんにもご協力いただきました。ユミコさんがイイサジーと出会われて、社会復帰され、職場の方々と何気ない会話をしながらランチを食べられているお姿を拝見し、本当に嬉しかったです。たくさんの方々の励みになったことでしょう。勇気を出して取材に応じてくださったユミコさんに、心から感謝申し上げます。 実は、ユミコさんのインタビューの日は、柴田も同席させていただきました。別室に潜んで耳をダンボにし、ユミコさんのお言葉に、”ウンウン、わかるわかる!”とヒソヒソつぶやいたり、イイサジーに出会う前に使われていたカトラリーを披露されると、”見たい見たい”とインタビューの邪魔をしたり・・・。取材から放送まで、いかに映像でイイサジーの魅力を伝えられるかを考え悩み、何度も打ち合わせを繰り返し、向き合ってくださったKディレクターさまに心から感謝いたします。   其の三 6月のおしゃべり庵は、テレビ取材が入りました  6月29日(火)第13回おしゃべり庵に、NHK大阪「おはよう関西」の取材が入りました。 担当ディレクターさんが、大阪日日新聞の記事をきっかけに弊社に興味を持っていただき、お話させていただく中で、おしゃべり庵の活動に興味を持っていただきました。 ディレクターさん自らがイチ参加者として5月のおしゃべり庵に参加され、さらに関心が深まり、企画が採択されたようです。明日、【 7月8日 おはよう関西 7:45〜8:00 】の間の5分間放送される予定です。関西圏の方、お時間許せばぜひともご覧いただけると嬉しいです。 また、放送後、番組HPにて2~3日ほど視聴いただけるそうなので、関西圏外にお住まいの方もぜひご覧いただけると幸いです。    7月のおしゃべり庵は、7月27日(火)12:00~13:30 となります。お申し込みは、こちら(猫舌堂オンラインショップ)からご注文いただけます(無料)。  其の四 6月末で田中が卒業となりました  皆さまこんにちは、田中健雄です。2月から猫舌堂のメンバーとして迎えていただき、少しでも多くの方の「くちびる」を感動させたいと思い、洋菓子店さんやレトルト食品会社さんとのコラボを企画してきましたが、人事異動で7月から、別の会社の支援をすることになってしまいました…猫舌堂は、立ち上げ前から応援していた会社だったので、まだまだこれから深く関わって、より多くの方に、その良さを知っていただくために、自分の出来ることをどんどんやっていこうと思っていた矢先なので、非常に残念ですが、次、支援する会社もヘルスケアに関する会社なので、何か猫舌堂との接点はあると思います。これからも、いちファンとして間接的に、応援していきますので、皆様も、猫舌堂を宜しくお願い致します! 2021.3.11大阪オフィスにて    今月も猫舌堂の食堂にお付き合いいただきましてありがとうございました。食堂でのヒソヒソ話への感想やみなさまのヒソヒソ話など、こちら(第15号)のページ下部にある「コメントを残す」から、ぜひみなさまのお声もお待ちしております! これまでの「猫舌堂の食堂から」(バックナンバー)もいつでもお読みいただけます。こちら(第15号)のページ最下部にある『←猫舌堂の食堂からに戻る』をクリックください。

3件のコメント
第14号(2021/6)

第14号(2021/6)

Liquid error (article-card line 46): invalid format: %Y年%-m月%

  其の一 荒井顧問が卒業します  この度、株式会社猫舌堂を卒業することとなりました。猫舌堂立ち上げからともに歩んで参りましたが、ここ数か月、思うように体が動かなくなってきており、体調不良の日が増え始め、今後の人生を考えた結果、ここで仕事を手放して、自分が大切にしたいことを優先させていただくとに致しました。余力を残して仕事を退くという当初の目標もあり、私のわがままを聞き入れてくれた代表・柴田に感謝の気持ちでいっぱいです。  こんなに早く、このような日が来るとは予想しておりませんでしたが、大好きな猫舌堂にかかわれたことは私にとって大変楽しく幸せな日々でした。新しい世界をたくさん見せていただき、わくわくしながら仕事ができたことはとても思い出深いです。  主に、配送の仕事にかかわらせていただきましたが、お客様と猫舌堂をつなぐ大切なお仕事だと思っておりました。「喜んでくださるといいな」とお客様のお顔を思い浮かべながら、商品を梱包して玄関から配送業者に引き渡すその時まで、大切にお届けしたいと日々思っていました。大好きな仕事でした。  また、新しいギフト商品「月見桜」のパンフレットに私が撮影した月の写真を使っていただけたことも、大変光栄で、思い出に残る仕事になりました。 思えば、猫舌堂がまだ立ち上がる前、お正月に名古屋で柴田とあーだこーだと会社の企画を練ったときは、ただ理想や夢をぺらぺらとしゃべっていたのですが、まさか本当に会社が立ち上がるとは、その時は思いもしていませんでした。猫舌堂が産声を上げるときもともに経験させていただき、「本当に会社、できちゃった!」というのが正直な気持ちでした。  右も左も分からないド素人の私を副代表の三宅が常におんぶにだっこ、手取り足取り教えていただき、本当にたくさんたくさん助けていただきました。三宅には足を向けて寝れないほど感謝しております。  新たにスタッフの田中が参加してからはいろんな企業様とのコラボなど、横に広がる展開にすごくわくわくしたものです。コロナ禍でなかなか会うことが出来なかったのですが、同い年ということもあり、とても親近感があり、頼もしい仲間ができて嬉しかったです。  そして、新たにスタッフとして高橋が猫舌堂に参加してくださいました。同じように猫舌堂を愛してくださる方がきてくださったので、私はなんの心配もなく、卒業することができます。  猫舌堂を通して、私と出会ってくださった全ての皆様に心より感謝申し上げます。本当にありがとうございました。 これからは、一人の猫舌堂ファンとして応援して参りたいと思います。どうか皆さまこれからも猫舌堂をよろしくお願いいたします。  最後に、私がブログで使っていたハンドルネームは「猫舌」。患者会でも「猫舌さん」と呼ばれていました。もし自分がなにか商品を売るとき、屋号は「猫舌堂」かな、と密かにあたためていた名前を会社の屋号にしてくれて、世の中に残してくれて、ありがとう。  2019年1月5日名古屋であーだこーだ企んでいた日の1枚(名古屋城にて)。  2020年2月27日プレス会見ではしゃぐ荒井と柴田。 其の二 引き継ぎ研修  荒井顧問の卒業に伴い、業務の引き継ぎの研修を行いました。コロナ禍ではありますが、愛する猫舌堂の業務を効率よく引き継ぐため、荒井・高橋・柴田のかしまし娘が岐阜羽島配送センターに集合しました。 1つ1つ丁寧に荒井が説明すると、高橋は的確な質問をしながらしっかりメモをとります。柴田は4月に移行したオンラインショップのシステムと奮闘。途中、三宅がZoomで登場! マジメに研修をしているとあっという間にお昼の時間。  今回のお昼ご飯は、荒井特製の愛情いっぱいタコライスでした。お野菜たっぷりで彩がよく、絶妙な目玉焼きの焼き加減!美味しかったなあ〜!いつも荒井が作ってくれるお昼ご飯が楽しみでした。卒業しても食べに行くぞ!  荒井は相変わらずノンアルコールビールをプシュー♪ついでに柴田も一緒にプシュー♪美味しく楽しいひとときでした。 6月から、配送センターは愛媛県松山市に移転となっています。高橋が1つ1つ心を込めて商品をお届けしますので、これからも変わらぬご愛顧のほどよろしくお願い申し上げます。   其の三 おしゃべり庵5月も開催しましたよ  5月27日に12回目となるおしゃべり庵を開催いたしました。  今回は全員で8名!「いただきます」をみんなそろって言う喜び、おいしさも楽しさも8倍!いえ、それ以上! 経験して初めてわかることもたくさん。経験した者同士だと「あるある!」「わかるわかる!」となることでも、経験をしなければ、見えず気付かずのことも多々。「術後、こんなことが大変だった」「こんなことが難しかった」本当に知りたい大変なことや難しいことこそ、事前の情報では得られないものが多いのが実情。 こうしたリアルな「声」をより多くの方々に知っていただくことで、不安や負担を少しでも和らぐことのできるきっかけを生み出していけたらと思いました。  経験や想いの共有はもちろん、声を届けるという点では、医療現場に携わられている方等のご参加もお待ちしております!つながりが広がれば広がるほど、可能性もきっと広がっていくと思っておりますので、ぜひお気軽にご参加くださいませ。    6月のおしゃべり庵は、6月29日(火)12:00~13:30 となります。お申し込みは、こちら(猫舌堂オンラインショップ)からご注文いただけます(無料)。   其の四 父の日限定コラボギフト始まりました  今年の父の日は6月20日。創業から60年以上、カレーでみんなを喜ばせ続けてきた老舗メーカーMCC(エム・シーシー食品株式会社)さま自慢のレトルトカレーと猫舌堂イイサジースプーン・フォークがセットとなっています。プロも認めたイイサジーとの相性No.1メニュー「カレー」との共演。父の日の贈り物としてはもちろん、自分用としてもぜひ味わってみませんか?  6月14日まで の限定販売となります。  是非とも、猫舌堂オンラインショップをご覧いただき、皆さまからのご注文をお待ちしております。...

5件のコメント
第13号(2021/5)

第13号(2021/5)

Liquid error (article-card line 46): invalid format: %Y年%-m月%

其の一 月見桜への想い  4月20日より、オンラインショップをリニューアルし、猫舌堂「月見桜」シリーズが発売されました。ご覧いただけましたでしょうか?  ピンクゴールドのイイサジーカトラリーを「月見桜」と名付け、大切な方を想い、贈っていただけたらと願い、リリースいたしました。  「月見桜」にはとても深く大切な想いがあります。それを名付けた荒井顧問がその想いを綴りましたのでご一読くださいませ。 ーーーーーー 〜月見桜 月をみるわけ〜   私が月の撮影を始めたのは、がん友達から勧められて。  それまでは、満月の夜に旅立った親友を想いだすので月を見ると辛い気持ちが先立ちましたが、友達から「きっと彼女も月から見ているよ、きれいに撮ってあげようよ」と言われ、毎晩夜空を見上げるようになりました。  勧めてくれた友達とも、離れていても同じ空、月を眺めていることで「つながっている」と感じることができて、孤独感や悲しさが和らいでいきました。  月を見る仲間も次第に増えていきました。今では月に話しかけるようにシャッターを押しています。  私にこの楽しみを教えてくれた友も先日、月に旅立ちました。  月に向かって話しかける時間が長くなりました。  たくさんの仲間が今夜も月を見ていると思うと、コロナ禍でなかなか会いたい人にも会えない状況ですが、繋がっていると感じられ、空を見上げて大切な人を思う時間がとても大切なものになりました。  ギフトを選ぶということは、大切なひとを想うということだと思います。月を見上げて友を想う時間のように、優しく温かい気持ちで猫舌堂の月見桜を選んでいただければ嬉しいです。 荒井里奈  ▲月見桜シリーズのパンフレットには、荒井が撮影した月の写真を使っています。たくさんの月の写真の中から、こちらの「十三夜月」の写真を採用しました。 ーーーーーー 其の二 母の日限定コラボギフトに続き父の日限定コラボギフト  母の日ギフトでは、加藤洋菓子店さまとのコラボギフトを発売いたしました。  通常4ヶ月待ちのチーズケーキと月見桜カトラリーとの夢のコラボ商品は、おかげさまで大好評の中、発売終了いたしました。  そして、母の日に続き、父の日ギフトは、なんと!神戸の調理食品専業メーカーのMCC食品株式会社さまとのコラボレーションが実現します。  イイサジースプーン・フォークとMCC食品さまの自慢のレトルトカレーがセットになります。  ▲写真はイメージです。  イイサジーで食べると、1口量がちょうどよく、カレーの美味しさをじっくり味わえながらゆっくり食べられるので、早食いでお悩みのお父さんの習慣改善にもつながるかもしれません。お身体を気遣う優しいギフトとして、贈られてはいかがでしょうか。もちろん、自分用としてもオススメです。  *猫舌堂の「食べる習慣改善プロジェクト動画(2分)」はこちら    5月17日頃(準備完了次第)〜6月14日までの限定販売となります。  是非とも、猫舌堂オンラインショップをご覧いただき、皆さまからのご注文をお待ちしております。  猫舌堂のホームページ、Facebook、Instagramをどうぞお見逃しなく! 其の三 新メンバーが1名仲間入りしました...

1件のコメント